手にとってみれる展示・販売会のお知らせ / Exhibition

紋様を歴史からの重みから解放して、少女の心が躍るような軽やかさに

Ruri Clarksonは図案の研究のために博物館訪れるたび、古い着物にほどこされた絢爛な刺繍紋様を解放したい、という思いをつのらせました。歴史の重みが展示室の薄暗さと共に紋様を過去の世界にとどめおいていると感じたからです。

そこで松や唐子紋様をアトリエで、切ったり貼ったり描いたり、水彩やコラージュで展開したり、縫ったりという「お祭り」を繰り返します。ある日「紋様は私の手の中で生き生きと動き出し、『見られるだけはもう沢山。街に出て、今を生きる女性に使って欲しい。』と主張するようになったのです。」とRuri Clarksonは話します。

会場では、新シリーズの展示・販売会の他一部のアイテムにつき受注会も兼ねております。どうぞお誘い合わせのうえお越しください。

「Chromatope - Ruri Clarksonの刺繍ファッション」

会期 2018.07.11 Wed - 2018.07.16 Mon

場所 渋谷ヒカリエ8階 Creative Lounge MOV, aiiima 1(アイーーーマ)

住所 150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 8 ⁄ ( ハチ)

時間 12:00~20:00 ※最終日は18:00閉場(予定)

Press Release

 

Ruri Clarkson's Chromatope Recasts

Traditional Japanese Motifs.

Visual artist Ruri Clarkson's embroidered artwork explores the nuances in feminist issues. Clarkson's new fashion series, Chromatope, is on display at aiiima in Shibuya Hikarie from July 11 to July 16th.

Shaking off history’s claim to traditional fabric motifs.

Clarkson created the Chromatope series during 2017 when women spoke up in an unprecedented scale around the world. They announced their refusal to comply with old codes, and their determination to write the future.

Chromatope responds to this movement with a challenge to “liberate traditional motifs from the weight of history and reintroducing them as light as skipping steps of a girl.” Clarkson previously exhibited installations and wall-hangings. Chromatope is her first fashion collection.

【Place & Time】

CHROMATOPE Embroidered Fashion

Date:7.11 (Wed) - 7.16 (Mon) 2018

Place :Creative Lounge MOV, aiiima 1 Shibuya Hikarie

Address: 8th Floor 2-21-1 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0002

Time:12:00~20:00  (closes on the last day at 18:00)

Press Release in English